相互リンクの依頼

ある程度サイトのボリュームが増えてきたら、次にするSEO対策はリンクを少しずつ増やしていく事がよい。

前にも記載したが、相互リンクを増やす方法はいくつかある。

まず、初めに直接的な訪問者も期待できるランキングに登録すること。

これは、双方にリンクが張られるため、結果的に相互リンクとなる。

私の場合は
にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ人気ブログランキングへ


に登録してきたことも、過去記事を見ていただければわかると思う。

ただ、私の場合は直接的な訪問者はそんなに求めていない。

求める人は、登録数の少ないカテゴリに登録すればよいだろう。

人が多ければその分TOPになるのは大変である。

そのほかのリンクでは、自動登録というものがある。

相手の許可が要らないものである。

こちらが先に相手先のリンクを貼り付け、その後登録すると、自動でプログラムが登録してくれる。

こちらが貼り付けてさえいれば、何の問題もなく登録できる。

魅力がたくさん金投資相互リンク

こういったPHPを使ったサイトである。

その他では、ブログなどを書いている人に直接申し込む方法である。

よく依頼が来るのだが、これに関しては難しいところもある。

サイト趣旨が違うものであれば、あまり受けないほうが良い。

また、人によってはリンクを嫌がる人もいる。

嫌がるというよりも、リンク貼りましたとの報告を嫌がる人であるが。

貼りました。といった報告はしないほうが良い。

リンク貼りました報告と言うのは、リンク貼ったのでリンクを貼ってくださいといった風な意味合いにも捉えられる。

私も貼ったからあなたも貼ってください。と言う意味だ。

貼るだけなら報告はいらないはずだからである。

また、逆の立場で報告したけど、ありがとうございます。こちら側からのリンクはありません(これこれこういった理由によりできません)。などと言った趣旨の返事が返ってきた場合、外しづらくなることこのうえない。

サイト主の性格によっても違う為、依頼は難しいのである。

まずはコメントなどに記載して、性格を知ってからのほうが良いだろう。

自動リンクが好まれるのはこういった理由からである。

ちなみに、このサイトはリンクフリーです。ただ、依頼があってもこちらからリンクを貼るかどうかは気分次第となります。

きちんと自分の意思を記載することも、ある意味親切になるものである。

PR メルマガ 投資
[PR]

初心者でも簡単アクセスアップ法~初心者用SEO対策TOPへ

by arugininnv | 2012-04-06 14:58 | 初心者用SEO対策